月刊ストアーズレポート《2007年》バックナンバー

  18年12月号  ■特集 巨大なモノ・コト発信拠点 催事場の魅力化
<事例>
新館開業後、記念の食催事4連打(高島屋日本橋店)/端境期に美術と食で新チャレンジ(大丸東京店)/8階と1階を基点に全館イベント化(松屋銀座本店)/百貨店の編集力、開発力、発信力にエンタメ性(西武池袋本店)/改革の初年度、13本の新企画を連打(東武百貨店池袋本店)/一体化による新運営体制が軌道に(小田急百貨店新宿店)/集客力強化と客層拡大に貢献(京王百貨店新宿店)/いつ来ても楽しい、行きたい場所に(東急百貨店東横店)
  連載最終回 <米国百貨店最前線 サバイバル戦略の実態>(平山幸江)
若手企業家、小型サービス拠点…… 新モデルへの挑戦始まる
  TOKYO STORE'S GUIDE

広がるサブスクリプションサービス(蔦川敬亮)

  ストレポFOCUS ◇間断なく続く東京の再開発プロジェクト
◇力増すアウトレットモール
 三井アウトレットパーク木更津/酒々井プレミアム・アウトレット

  18年11月号  ■特集 最新・最旬MDの価値提供
◆総論 次世代型への改革 待ったなし 真価問われる百貨店の“強み”
<事例>高島屋新宿店リビング/京王新宿店「ハートフルプラザ」/小田急町田店 全館規模の改装/東急百貨店「HINKA RINKA」
  特別企画

<日本橋高島屋S.C.誕生 9月25日新館オープン>
4館体制で新都市型SCを創造 美しい暮らしスタイル発信
○クローズアップ 日本橋高島屋S.C.本館
 改装で拡充した領域 化粧品/婦人靴/婦人肌着

  デジタル販促 百貨店の楽しさ、横浜の元気をダンスユニットで全国に発信(高島屋横浜店)
  ストレポFOCUS ◇インタビュー
山口 勝 氏(片倉工業 商業施設事業部コクーンシティ支配人)
社有地で街づくりを進める「コクーンシティ」
◇「MARK IS みなとみらい」、「横浜ランドマークプラザ」
再開発続く横浜MM21 連携強め成長戦略描く

  18年10月号  ■特集 百貨店ならではのお過ごし場の創造
<事例>三越日本橋本店/西武池袋本店/東急百貨店/
松屋銀座本店/立川高島屋S.C./京急百貨店
  TOP INTERVIEW <東急百貨店 代表取締役社長 大石 次則 氏 に聞く>
多様な事業やノウハウを組み合わせ、独自の「融合型リテーラー」に進化
  デジタル販促 シェアリングエコノミー(2)
大丸松坂屋百貨店「トイサブ!プレミアム」(知育玩具レンタル)
  ストレポFOCUS

◇インタビュー 山中 拓郎 氏(三菱地所・サイモン代表取締役社長)
プレミアム・アウトレット拡大戦略に拍車
◇ JR・私鉄各社、高架下開発が活発化


  18年9月号  ■特集 18年上半期の百貨店・SCの動向 大型店の潮流を掴む
<百貨店の優先的重点戦略>中間層顧客の開拓・固定化カギ
<新規開業SC>進む多様化、地域と共創が不可欠
<百貨店18年上期売上高>10都市けん引、前年実績を堅持
<チェーンストア18年上期売上高>マイナス幅改善も0.3%減に
  化粧品特集

<そごう横浜店>化粧品売場9月17日グランドオープン
モノ、コト、サービスを網羅した国内最大級の“遊び場”が完成

  ストレポFOCUS

<ビナウォーク/ららぽーと海老名>
共同歩調で街に賑わい 海老名の発展に寄与


  17年8月号  ■特集 <毎年恒例>全国百貨店 2017年暦年売上高ランキング
  ストレポFOCUS

◇インタビュー 椿 浩 氏(千葉ステーションビル代表取締役社長)
新生・ペリエ千葉6月28日グランドオープン “千産千消”促進
◇モレラ岐阜
今秋までに約半数の100店舗を改装 年間1000万人超の集客目指す

  米国百貨店最前線 サックス本店、化粧品を移設改装 ノードストロームNY初上陸(平山幸江
  デジタル販促 そごう・西武「全国一斉母の日・父の日テスト」 動画再生130万回
  FIELD REPORT コスモスベリーズ/山元

  18年7月号 ■特集 優先すべき営業戦略の要諦 (取材ノートより)
<改装の潮流>カテゴリーバランス再構築 着々と/<外商・地域連携>サテライトの活用と進化肝要/<ヒトの価値化>販売員の豊富な知識や高い技術を昇華/<ヒット新催事>大胆にエンターテインメント性を深化/<新領域>新事業に参入、専門店とのハイブリッド化も
   TOKYO STORE'S GUIDE 住まいのリノベーション欲の高まり(蔦川敬亮)
ストレポFOCUS <イオンモール常滑>
「屋外大遊園地」と「セントレア」が家族連れと訪日客の一大集客装置
   FIELD REPORT アイティフォー/ハイネット

  18年6月号  ■総特集 <毎年恒例>2018年全国大型小売業現況レポート
豊富なキャリアと取材を駆使した全国縦断取材により
大型店の最新情報と動向を分かりやすく丁寧に解説。
全国大型店の商況を都市別に俯瞰する業界唯一の特大号!

  18年5月号 ■特集 話題の大型商業施設 所見・見所
コト消費時代に対応する「人間の心に響く場所」(北島 啓嗣)

SC成熟期に得意分野で棲み分けする次世代型(六車 秀之)
リアルならではの機能とは 新SC像への模索続く (西川 立一)
◇今春開業・改装の大型商業施設 熾烈化する“街づくり”競合
  特別企画 京王百貨店新宿店 「利益指向経営」への新中期計画が始動
「独自性と標準化」テーマに積極的改装で攻勢続ける
  ストレポFOCUS <日比谷シャンテ>日比谷の街が劇的に変化 最大規模の改装で適応
<私鉄大手各社のリテール事業>駅・商業施設が一体で沿線価値向上へ
  注目企業インタビュー <野田雄三 エイチ・ツー・オースタイルネット社長
オムニチャネルの実現に欠かせぬ「HIT-MALL」

  18年4月号 ■特集 最新・再旬MDの価値提供
◆総論 「デパコス」「デパ地下」の多様化と高感度、多層化に拍車
<事例>
伊勢丹新宿本店「TOKYO CLOSET」/そごう横浜店 ビューティーフロア/京王百貨店新宿店 中地階 和洋菓子/小田急百貨店新宿店「ハレの日ダイニング」
  米国百貨店最前線 17年度業績が好転、共通の成功要因 平山 幸江
  FIELD REPORT アデランス創立50周年で攻勢へ 他
   ストレポFOCUS 東武鉄道「シタマチ・ワンダーランド計画」始動

  18年3月号

■特集 進化するインバウンド戦略
◆総論 国内顧客と同等の「情報発信」「おもてなしの提供」が不可欠
<事例>高島屋/大丸松坂屋百貨店/そごう・西武/松屋銀座本店
小田急百貨店新宿店/京王百貨店新宿店/東急百貨店

  化粧品特集 高島屋横浜店/東武百貨店池袋本店
20〜30代と訪日外国人の流入加速 リニューアルで受け入れ体制整備
  Pick Up 東急百貨店「シンクス マイ カート」
店頭の臨場感を伝える販売員が主役の“ウェブ”接客
  FIELD REPORT コスモスベリーズ/アデランス/日本皮革デザイン促進委員会

  18年2月号 ■特集 営業施策の潮流と要諦
〇改装による店舗改革 立地環境に応じた特徴化に傾注
〇進化するデパ地下  「地元、でき立て、自主」が鍵に
〇デジタル化に拍車 “百貨店ならでは”の追求不可欠
〇変革を商機に 攻めの外商 富裕層のソリューションに的
  デジタル販促 大丸松坂屋百貨店 中国人向けライブ配信
  SRトピック 17年開業大型商業施設の総括/18年開業注目の大型商業施設
  ストレポFOCUS ○二子玉川ライズ・ショッピングセンター
○イオンリテールの G・G戦略

  18年1月号 ■特集 「百貨店」改革・革新への提起
「百貨店」改革・革新への提起
〇全方位競合化への五大課題/ 宇都宮 吉宏
 「顧客関係」を起点に実効的対応力を磨くべき
〇百貨店のDNAは変化である/北島 啓嗣
 「変わらねば」の本気度と成長ドライブ担う人材育成
〇百貨店が進めるべきオムニチャネル戦略/宮副 謙司
強み・特徴を活かした“ソフトな取り組み”を
〇2017年百貨店業界回顧
新たな百貨店モデルの構築と小売ウイングの拡大が命題に
〇(特別寄稿)激動の米国大手小売業 2018年の行方/平山 幸江
伝統的実店舗の“資産”に焦点 経営改革が前進する好機に
  特別企画 <博多阪急“第2ステージ”始動 開業以来初の大改装11月22日完成>
〇グラビア ハレ型エンターテインメントストア創造
〇特集記事 婦人ファッションの上質・高感度化で商圏広域化図る
  デジタル販促 そごう・西武「リュアラ」インスタグラムをフル活用
  ストレポFOCUS 親子にあそびの場を提供 着々と事業領域広げるボーネルンド
  FIELD REPORT アイティフォー
“待ったなし”のシステム改修 安心とローコストを最適化

  連載執筆陣

【2018年】
編集部(2017年10月号〜)
実践!デジタル販促の巧技

平山 幸江氏
(2017年1月号〜2018年12月号
 ※偶数月掲載)
米国百貨店業界の最前線

内海 里香氏
(2016年7月号〜2017年5月号)
地方百貨店のための地域活性化論

渡辺 林治氏(2014年1月号〜)
奴雁

三田村和彦氏(2009年1月号〜)
平成四文字熟語

キティこうぞう氏(2009年1月号〜)
こころの健康を鍛える

児玉千恵子氏(〜連載中)
商いの実学・遊学・雑学

蔦川敬亮氏(〜連載中)
TOKYO STORE'S GUIDE

金田祐吉氏(2014年1月〜)
商いは草の種
〜芽生えのロマン、変わらぬ根深さ

※6月号は特集号につき、連載の掲載はありません


   
ページのTOPへ